25年ぶりの日本暮らし・LIFE IS BEAUTIFUL@HK /JP

久しぶりの日本は感動でいっぱい。再挑戦のアラフィフライフ!

京都・二条城 大政奉還が行われた壮大なスケールの御殿

25年ぶりに本帰国。

久しぶりに住む日本を味わって楽しんでいるひろみです。

 

さて、若い時には、近くに住んでいたと言うこともあり

あまり京都に興味がなかったわたしですが

25年ぶりに帰国し、訪れる京都にハマりつつあります。

 

今回は、京都・二条城

 

大政奉還が行われたという二条城の二の丸御殿

江戸の時代の終わりを告げたこの場所、

約265年続いた江戸幕府に幕を下ろしたところ。

 

時代がまさに変わろうとしていたその時

そこに居合わせた、様々な方々の心情を思いながら歩くのは

とても感慨深いものがありました。

 

わたしも思うのです。

今というこの時代も将来振り返れば

歴史の中の大きな変換の時期だったよね〜

そんな風に言われている時代なのでは?と…

 

二条城は、二の丸御殿の見学がなければ

無料で庭を見学することができます。

 

が、わたしの目的は二の丸御殿。

これには、1,000円の料金が必要ですが、

歴史に興味がある方はおおいに見る価値があります。

f:id:romiehk:20211225154059j:image

二の丸御殿の中は、写真撮影が禁止されていたため

写真はありませんが、徳川家の繁栄を象徴する城内は

本当に美術的にも素晴らしいものがありますし、

なんて言ったって、過去のこととはいえ

とても臨場感を感じながら、見学をさせてもらいました。

 

徳川家の権力が、どれほど大きなものだったかも垣間見れますよ。

f:id:romiehk:20211225154052j:image

二の丸御殿 外観

 

二の丸御殿の中にある障壁画の数は、なんと3000面以上にもなって

そのうち1016面が重要文化財に指定されているということ。

 

金箔で張り巡らされた障壁画は圧巻だし、

四方八方芸術品の塊のような御殿です。

 

また、大政奉還が行われた広間は

当時の状況が等身大?の人形が置かれて再現されていました。

 

f:id:romiehk:20211225154057j:image

 

二の丸御殿を見終わった後は、ゆっくりと二の丸庭園を散策。

冬の時期で、紅葉も桜もありませんでしたが

人も少なくて、すごく贅沢な時間を楽しめました。

 

f:id:romiehk:20211225154102j:image

冬支度が始まった二の丸庭園


f:id:romiehk:20211225154104j:image

天守閣跡地

 

f:id:romiehk:20211225154054j:image

二条城を照らす夕日。

 

このお城と共に栄えた徳川家。

 

歴史をひしひしと感じさせる京都。

奥が深いです。

 

日本は素晴らしい✨✨

 

 

よかったらポチッと押して応援してくださいね!

ありがとうございます🍁🍁

 ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村