25年ぶりの日本暮らし・LIFE IS BEAUTIFUL@HK /JP

久しぶりの日本は感動でいっぱい。再挑戦のアラフィフライフ!

「生」に思いふける「お盆」でした

f:id:romiehk:20210816172856j:image

 

こんにちわ。

久しぶりにお盆を日本で過ごしました。

 

子供の頃は、九州の祖父母のいる

父母の実家(田舎)に行って

お盆の時期を過ごしていました。

 

当時は、従兄弟たちとワイワイガヤガヤ

するのが楽しくて

お盆楽しい時期であると同時に

 

子供の頃は、お仏壇を置いてあった部屋には

たくさんの白黒写真がかけられていて

こわいと思っていたんですけど

大人になると、あのことの感情が懐かしいです。

 

 

大人になってからは、

弟が若くして逝ってしまったので

我が家の実家でもお盆を迎えるようになりました。

 

今年は、

長い間お盆をご無沙汰していたので

母がいなくなってから

毎年お盆や法要を守ってくれていた父から

あーだ、こーだと教わりながら

 

「これをいつかわたしも受け継ぐんだな」と思いながら

今年のお盆の準備をし、今日、片付けをしました。

 

 

身内や親しい人が

この世を旅立つ経験を幾度となくした今は

 

お仏壇もこわくないし、

お盆の時期に飾られる提灯は

美しいと思えるようになりました。

 

 

以前にはなかった感情なんですけど

 

「この世の人でなくても

 いつでも逢いたい。」

 

と思ったほどの別離を経験しました。

当時は、本気で「霊でも会いたい」

と思っていましたが

残念ながら、夢でもあったことがありません。

 

年齢を重ねた今、

「生」あるものには、

必ず「死」があることを知り

死を特別なことに思わなくなりました。

 

「死」がいつか来る。

そう思うからこそ

 

生きている今という時を

そして、

人生を美しく生きたいと思う。

 

f:id:romiehk:20210816172837j:plain

 

「お盆」という時期を通し

ご先祖さま、愛おしい人たちを想い

そして、「生」を思いふける。

 

世間では、本当に大変なことが起こっている

ご時世だったからこそ

いい時間をいただいたなと思う今年のお盆でした